【確定申告】デザイナーの仕訳・勘定科目は?

確定申告の時期になりました!私も頭かかえながらの作業になりますが、昔と違ってIT時代は様々なサービスを利用してデザインの仕事を行っています。なんとな〜く「通信費?」なんとな〜く「雑費?」いやいや、意外や意外と知らない事が多かったので、ここでご紹介します。少しでも役に立つと嬉しいです。

スキル・資格などの講座受講料

仕事に絡む講座・講義の受講料です。セミナー・研修会・講習会・資格取得・WEB研修、等々、勘定科目は「研修採用費」となります。もしくは「採用教育費」など。

レンタルサーバー利用料

サーバの料金は「通信費」で計上します。

ドメイン仕様料金

意外ですが「支払手数料」となります。サーバと同じ「通信費」と思いがちですが、ドメイン管理会社への「手数料」「委託料」の意味合いで「支払手数料」となるそうです。

SSLなどの料金

こちらも「通信費」ですね。

Adobe CC(Creative Cloud)定額料金

アドビ製品はCSパッケージソフトの時は、10万円以下は費用扱いの「消耗品費」、10万円以上は資産扱いで「ソフトウェア」で計上でした。

ところが「CC」の場合はどう計上するのか?毎月定額WEBサービス扱いで「通信費」となります。これ、adobe stock やイラスト定額ダウンロードサービスなども一緒ですよね。もちろん、Office365やATOKなどの定額料金も同じですね。

参考書籍購入料

仕事の参考書籍は「新聞図書費」になります。参考書や雑誌(デザイン資料として使う)ならこれになります。

自分の名刺やパンフレットの購入料

名刺購入は「雑費」扱いとなります。これ自分で制作、印刷だけ外注するのですが、デザイナーは微妙ですよね。。まるっとデザインも外注した方が額は上がりますが、そんな事はデザイナーはやりませんので(笑)

About the author: うえじ

シンプルでかっこいいデザインや素材を使った可愛い系が得意です。ロゴデザインや動画編集、企業応援企画も得意です。A型です。