今話題のMEO対策とは?googleマップを利用した現実的な集客方法

SEOじゃないMEOで足を運んでもらう術

GoogleMapsの口コミやレビューを利用したMEO対策(Map Engine Optimization)という言葉を知っていますか?

SEOが検索エンジン最適化であれば、MEOはGoogleMapsの最適化とも言えます。今話題のMEO対策をしようと考えている方であれば「結局のところ、MEO対策はどうなの?するべき?」と検討するための考え方についてご説明します。

SEOとは違うMEOはお客様が地図で検索して足を運ぶリアルな効果が得られます。

〜MEO対策とはGoogleのローカル検索への対策をすることで、結果としてGoogleの検索結果でも上位に表示されるようにすることです〜

MEO対策はGoogleMapsで上位に表示されることと同時に、Googleのオーガニック検索結果(普通の検索)でも上位表示されやすいです。Googleのオーガニック検索は検索ワードや現在地に応じて、Googleリスティング広告、レビュースニペット、Webページの順に表示されます。有料のリスティングの下に、SEO対策をしている上位のWebページよりも先に表示されるということは、必然的にアクセスや問い合わせが増えるということです。

MEO対策はまだまだ導入していない企業・店舗も多く、従来のSEO対策と比べればコストパフォーマンスに優れているのもメリットと言えるでしょう。

遠くの百貨店より近くの同じ商品扱うお店がいい

例えば、自分自身が欲しい商品(消耗品)を毎回わざわざ電車にのって買いに行っているとします。ん?この商品、もしかして近所で売ってるお店あるかも?
スマートフォンを手に取り、ブランド名を検索、そしてgoogleマップ表示。
そこにブランドを扱うお店が表示され、さらに書き込みを見ると親切なお店に見える。そしてお店へと足を運ぶ。そんな流れを作るのがMEO対策です。SEOはあくまで検索してホームページで見せるもの。MEOはお店を教えてくれるカーナビみたいな感じですね。

googleマイビジネスにてMEO対策を

MEO対策は、Googleマイビジネスを最適化するために実施します。Googleマイビジネスとは、Google+とGoogleプレイスの統合によって完成したサービスのことです。Googleマイビジネスに対して、自社の店舗情報を入力すると、Googleの検索結果上にお店の名前や住所、地図情報を表示できます。

そのため、MEO対策に取り組みたい方は、Googleマイビジネスへの登録が必須となります。店舗情報を正確に表示するためにも、誤字に気をつけながら登録手続きを進めてください。

オーナー登録でMEO対策をして、お店を守る

Googleローカル検索やGoogleMapsに自分の店舗を表示させるには「Googleマイビジネス」への登録が必要となります。
Googleマイビジネスに登録して、GoogleMapsやGoogleローカル検索に表示される店舗情報のオーナーになれば、書き込みに対する返信などの機能が使えるようになります。

書き込みに対する返信や通報、スパムや不適切な投稿などの報告をして、口コミを放置しないようにすることはとても大切です。

また、第三者が情報の修正という方法で「この場所を削除」の報告をされてしまうと、閉業や重複などで削除されてしまう可能性も考えられます。Googleマイビジネスでオーナー登録をしておけば、これらの通知をチェックできるので、悪質な逆MEO対策業者から身を守ることができます。

位置情報を利用した検索の未来

パソコンで検索する行動から、スマートフォン検索へ、さらに音声を利用したgoogle homeなど。そして車での音声案内、さらに未来は家電の音声管理、そして冷蔵庫の商品管理と音声による宅配発注へと未来は必ず変わります。お客さんからの発注が何か大きな会社の管理下になったとしても、その大きな会社と契約する近所のお店は必ず必要になります。未来を想定した行動がこれから必要となりますよね。

SEOだけじゃないMEOで集客

SNSやホームページでのSEOはもちろん、今一度MEO対策をしてみてはいかがですか?

About the author: うえじ

シンプルでかっこいいデザインや素材を使った可愛い系が得意です。ロゴデザインや動画編集、企業応援企画も得意です。A型です。