受注の比率を考え直す

前回、新型コロナの影響により仕事がストップした話しをしました。
今まで受注していたクライアント様は広告代理店様がメインでお仕事をさせていただいていました。売り上げの多くはSC(ショッピングセンター)の広告制作。50%を超えていたと思います。もちろん日本中の広告が止まっているので、代理店様も大変な状況になりました。

なんとかしないと…一通りお電話させていただき、状況の確認から始まりました。印刷会社にも連絡。やはり業界自体大変な事になっています。。
なにかで稼がないと。。。テレビやネットで必死で状況確認しだします。
「テレワーク」「飲食が」こんな話しばかりです。さらには「必要ない業界はコロナで淘汰される」「ちゃんとしていない会社はコロナで整理される」など、無茶苦茶な意見まで平気で報道されています。

「この機会に新しい業種へ転換しないとダメ」とか「新しい生活様式」…

正直、そんな事は報道を盛り上げているだけの発言で、テレビを見るたびにイライライライラ…。今日のコロナ感染者数ばかりの報道。恐怖をあおり、焦らせ、報道の視聴者数を稼ぐテレビ。

そんな中、給付金と補助金という制度が始まりました。
業務をいきなり違う事を初めて収入を得ようとしても、無理な事。明日から店舗消毒会社でも始める?マスク売る?・・・どう考えても違う。
まずは家族の為にも給付金と補助金の情報をひたすら調べて準備しました。その時にFacebookにて数多くの発信を見ました。特に政治家さんの感染者数のコピペ配信。恐怖を煽っています。さらに飲食テイクアウトへ転換しようと動きが活発化しています。そこに店舗改装補助金とか〇〇券を市が・・もうね、このときの事は書きたくないほど、世の中が醜かったです。
市はちゃんと考えられていない施策を真っ先に初めてます。なにかしないと市民から…色々あるのでしょうが。。。

そんな中、仲良くさせていただいている若手政治家さんから連絡をいただきました。「事業者がわかりにくい補助金や給付金で混乱している…わかりやすくまとめたチラシで伝えたい」国から配布の給付金を利用して、当社へ発注していただけました!これは本当に嬉しかったです。
私自身も補助金や給付金で混乱していたので、必死で調べてデザインさせていただきました。

ここで思ったのですが、補助金や給付金、さらには色んな施策を伝えるのに、そこにデザインがまったくされていないのです。
デザインと言っても絵的な事もそうですが、情報が整理され、ネーミングされ、混乱されない為の伝えるデザインがされていないので、みんなが混乱していました。デザインは必要だ。少し心に支えが出来た気がしました。

そして次は何か考え行動をしないと…必死で今出来る稼ぎ方を模索しました。混乱している社会の中で、やれる事はいっぱいあります。思いつきもしました。ただボランティアでは家族を養えないのです。ボランティアさせていただくレベルに私は達していないのです。。。。
まずは補助金で行動する方に、補助金を利用して手助け出来ないか考えました。デザインでチラシ?いや、人は集めたらダメな状況。企業ロゴ?そんな余裕ある会社はありません。そこにひとつの電話が鳴りました。。。(次回へ)